So-net無料ブログ作成
検索選択

こそっと近況 [子供のこと]

感動の卒業式、緊張の入学式を経て、
無事中学に入学!
・・・
してから既に3週間たちましたw

書きたいことが多すぎて手に負えなくて結局書かないまま時が過ぎるって・・・


卒業式では、証書もらう前に210人ひとりずつ将来の抱負を述べました。
中学校でのことでも、もっと遠い将来のことでも何でもよかったそうで、
ゆう君は、

「中学校に行ったら、はじめて英語をがんばります!」

でした。
人前でしゃべるのは徹底して苦手ですが、立派に話せていました。

ゆう君は式でも後ろの女の子の号泣につられてもらい泣きしてましたが、
教室に戻っての最後の学活では、クラス全員が泣いて出てきました。
良いクラスだった証拠ですね^^

その日、お昼を駅前のお店借り切って謝恩会。
これも親子での出席率が、これない人ひとりだけで、
ここでも良いクラスだったことを実感。
先生へは全員の名前の入ったTシャツを進呈。
先生にも良い思いででしょうが、素敵なものを作ってくれた学級委員のお母さんたちに感謝。
うちにも欲しいw



入学式は、2,3年生全員参列での厳粛なもの。
私の中学時代は荒れていたので問題外としても、
2,3年生なら多少はだらけたり、ヤジくらい飛ばすのがいてもいいと思ったのに、
全員徹頭徹尾ビシーっと静かにしていました。

うちの中学はちょっと乱れていることで有名で、
そのせいで越境する人も多かったはずなのですが、
それはどうも3年前までのことで、
新しい校長先生がきてから、今の様にしっかりした態度に変わったそうです。

それはちょっとホッとはしたのですが・・・

微動だにせず入学式に並んでいる上級生を見ると、
軍隊・・・とまではいきませんが、何か不自然で、
どこか画一的な個性埋没の気配を感じてしまいます。
公立学校の横並び教育に辟易として私立中を受験させた友達の話をチラリと思い出しました。

とはいえ、見るからにアブナイ外見の上級生もいなかったのは、親としてはやはりほっとしました。


その後、順調に新学期は始まり、
今のゆう君は部活のことが一番気になっている様です。
いつも一緒に遊んでいるお友達8人くらいでゾロゾロとバドミントン部に入りました。
・・・そりゃ早々に、バドミントン部じゃなくて、ゲーム部になるんじゃない?とからかってみたりw

目下最大の懸念は、荷物の重さっ!!!!!!!

カバンは肩掛けタイプの軽いものですが、
教科書が重い(--)。
そりゃゆとり教育が失敗に終わってまたガンバローみたいなことになったのはわかりますが、
B5以上の結構ぶ厚い教科書ばっか作りくさって少しはものを考えろっ!###と言いたくなります。
時間割によっては 9キロ ありました。
ひどすぎ。
女の子もこれ持つかと思ったら、ちょっと体おかしくするんじゃないかと心配です。
コロコロがついた旅行カバンに入れて歩く重さじゃないです?これ。


とりあえず、そんなゆう君の制服姿。

120420chyugaku.jpg


・・・
何かポーズつけてるんですがw
何のポーズか聞いたけどよくわからないこと言ってましたw
上は紺ブレ、下はグレーのスラックスです。
慣れないベルトをしめるのに必死で、
たぶん2日に1日のペースで、ソーシャルウインドウは全開だと思われますw


nice!(0)  コメント(2) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。