So-net無料ブログ作成

年末年始のこと2-大変大変! [子供のこと]

さて、鹿児島から帰った翌日、26日からちょっと大変でした。

毎年、お正月の準備は精神的にも物理的にもクリスマスがすんでから、
と思っている私。
注連飾りや鏡餅の準備は勿論、年 賀 状 もクリスマス後にしています。

駄菓子菓子!

なんということでしょう、26日の私は、
近年まれにみる発熱と下痢で朝から完全ダウン。
ゆう君に、食事の準備やゴミ捨てまでしてもらって、
夕方までぐったり寝ていましたが、悪化するばかりなので病院へ。
ウイルス性胃腸炎ということで、薬をもらってきました。
ヤバイ・・・
O157を筆頭に、ロタとかノロとかの、厄介なやつです。

ゆう君にうつさないようにと気をつけながら、
起き上がれない不調に耐えつつ、
お正月の準備どうしようと焦りまくり・・・。

幸い、2日寝ていたらようよう復活できたので、
28日から一気に年越し準備をしました。

ふふ。。。病気を理由に大掃除はちょいサボw



29日はパパが帰ってきたので、ちょっとほっ。
(でも30日は高校時代のお友達と20年ぶりくらいのテツマンでしたがw)

大晦日は毎年しゃぶしゃぶでしたが、今年は鹿児島で食べた蒸ししゃぶを、
家でも試してみました。
お、美味しい!!!

鹿児島は野菜の味が濃厚で、それでとっても美味しかったので、
こっちの味が抜けた様な野菜で大丈夫かなと思いましたが、
蒸すと結構美味しいです。
普通のそばつゆを薄めにのばして、みりんを加えて鹿児島風に甘くして^^


で、パパはテツマン明けでもあり早々に就寝。
ゆう君は深夜まで「笑ってはいけない・・・」を見ていたので、
新年直前に二階に連れて行って除夜の鐘を聞かせました。



そんなささやかな年末をひっくり返す大事件が元旦に!!!


おはよー、と起きてきて、パパと三人で新年の挨拶を交わしたゆう君、
いつも通り水を一口飲むと、居間で一気にハイパー・リバース!!!

立ったまま、口をおさえて上向いて一気大量噴射したので、
本人頭からひっかぶり、ホットカーペット、ソファー、背後のカーテンから、
そこらにあった諸々のシナモノに飛び散りまくり・・・

ちょっと、いったいどうしたらいいのかがまったくわからない一瞬、
でした(^^;


これは、どう考えても私の胃腸炎がうつったとしか・・・
(私は嘔吐はしませんでしたけどね)

とにかく、吐いて一瞬元気になったすきに、どうしようもないのでシャワーをつかわせ、
その間にパパと私はせっせと居間の処理・・・ていうか、ほんと、どーしたらいいの(^^;
再生不可能なものは仕方なく処分し、あとはキッチンハイターで拭き・・・
PCやゲーム機など高いものにかけなかったのだけは、えらいぞ、ゆう君!←w


私が抗生剤などもらったので、ゆう君も同じなら早くもらったほうがいいだろうと、
休日診療の病院まで、片道2000円かけてタクシー。
待合室でも座っていられなくてぐったりソファーに寝てしまうゆう君が心配で心配で・・・。

しかし、元旦から患者さんたくさんです。
病院に行くといつもいっぱいいるおじーさんおばーさんでなく、
子供たちと、結構若い大人もぐったり駆けつけてきていました。
正月もなく診察してくださる先生方、スタッフの皆さんに頭を下げつつ、
コンビにもスーパーもたいてい年中無休になってる現在、
病院とゴミ収集こそ、いつも通りにしてほしいよーと願ってみたり。

ゆう君は結局、もちろん私と同じウイルス性胃腸炎だろう、ということでしたが、
抗生剤はかえって胃腸を弱めるとかで、
もっと腹痛がひどくなったり、下血とかしたらまた来い、と言われ・・・
吐き止めの頓服と整腸剤もらっただけで帰されました。
う・・・慌てて病院に駆け込むより、家で寝かせていたほうがよかったのか・・・
そのあたりの判断が、相変わらずできません・・・。



そんな大騒動のため1日は暮れ、
2日はパパだけパパの実家に行き、
ようやくゆう君が起き出せた3日は、もうパパ帰薩の日。
もともと羽田まで見送りに行きたがっていたいたこともあり、
家でパパを見送るゆう君、いつもより更に寂しそうでした;


4日はまだゆっくりしていて、5日。

午前中は書初めの宿題。

120105shog01.jpg



午後は大宮氷川神社へ初詣。
ゆう君、なんと霧島神宮に続いてここでも大吉ひきました!

120105shog02.jpg


元旦のリバースが厄落としになって、一年健康でいられますように^^

nice!(0)  コメント(2) 

年末年始のこと1-鹿児島 [子供のこと]

ゆう君のお誕生日から随分間があいてしまいました(^^;
12月は23,24,25の三連休に、鹿児島にいってきました!

23日は到着してお昼は三元豚のとんかつ屋さん。
マンションでゴロゴロしてから、夜は、
ゆう君が一番美味しいと憧れているw

いちにぃさん 鹿児島本店

というお店へ。

そばつゆ仕立ての黒豚しゃぶしゃぶのお店ですが、
ゆう君はここの黒毛和牛ステーキが大のお気に入り。

111223kogo06.jpg

もっと美味しそうに焼けてから写真とってくればよかったですが(^^;
焼けたら速攻食われてしまうのでw


そしてパパと私は、蒸ししゃぶ。

111223kogo07.jpg

こんな豚バラとキャベツ中心の大量の刻み野菜を、

111223kogo08.jpg

湯気のたった蒸篭で蒸すんです。
こちらも蒸しあがって美味しそうになってから写真と・・・(同上)www

豚バラも野菜もあっと言う間に甘くしんなりと仕上がって、
刻みねぎを浮かせた薄い甘口のそばつゆで食べると濃厚なのにさっぱりで、
とっても美味しいのです!



食いまくった翌日24日は、指宿、

砂蒸し会館 砂楽

へ。

砂蒸し風呂、私はパパと一緒に20年くらい前に体験してますが、
なかなか他でない経験なので是非ゆう君にも!と、
寒い時期ですがドライブして行ってきました。

111224kago01.jpg

干潮の時、砂州で陸続きになる、知林ヶ島(ちりんがしま)をバックに、
砂蒸し風呂のある場所です。

左下の白いしぶきみたいのが、実は砂浜から湧き上がる温泉の湯気。
季節の良いときはこの砂浜に穴ほって埋めてもらいますが、
寒い時期だったので小屋掛けの中での砂蒸し体験でした。

寒いんじゃないかと危惧したものの、
砂の温かさは尋常でなくw
ゆう君など熱すぎて足を突き出してしまう有様w

海から吹き付ける寒い風を、立てかけたよしずの簾でさえぎった中、
波の音だけを聞きながら、砂の重みに温まる時間は、
なんとも風情ある不思議な時間でした。

111224kago02.jpg

↑ゆう君を探せw


晩御飯は地元名店焼肉なべ島で焼肉(*'-')
クリスマスイヴの雰囲気ゼロw



25日はもう帰る日です。
午前中、ゆう君とパパはゴルフの打ちっぱなし。
鹿児島空港を遅めに発つ便にしたので、午後は、

霧島神宮

によってみました。

パワースポットとして有名だそうですが、
境内も本殿も意外とこじんまりしています。
ゆう君、おみくじひいたら大吉でした。おー^^


拝殿脇から。
これ、しだれ桜とかでしょうか、お花の時期だと綺麗でしょうねー。

111224kago03.jpg


坂本竜馬とおくさんのおりょうさんが新婚旅行で立ち寄ったことでも有名。

111225kago04.jpg

↑ゆう君を探せ!・・・ていうかお邪魔してどーするw



境内図にも何も書いてないので、意味のないものかもですが、
駐車場の横ちょに妙なモニュメント?があったので、パチリ。

111225kago05.jpg




さて、鹿児島空港についたら、
ちょうど、ANAのお姉さんたちの、ハンドベルミニミニコンサートが始まりました。

111225kago09.jpg


何の曲だったか(^^;2,3曲でしたが、
忙しい中練習して、都合をあわせてコンサートしているんだなあと、
なんとなくそんなサービス?に行き会えたことが、嬉しくなりました^^


nice!(0)  コメント(2) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。