So-net無料ブログ作成
検索選択

大震災2 [日常]

震災当日の昨日よりも、テレビで被災の様子を見ていた今日のほうが、
衝撃が積み重なる様に増します。
ゆらゆらと余震を感じるたびに、不安も累積していきます。
この日この時をもって安心です、とはならないのが、天災の苦しいところです。
何より被災した方々のことを思うと・・・心がちぎれそうです。
原発も激烈に心配です・・・。


さて、昨日の続きです。
ゆう君を迎えに行き、実家の両親、パパのお父さんと連絡を取って、
無事を確認、ほっとしましたが、最後に残る心配は、パパ!
なんと、こんな日に限って、単身赴任先から帰宅の途中だったのです。
羽田に到着して1時間くらい。
ケータイに電話はつながりませんでしたが、
届くことを祈って送ったメールが時間差はありましたが届いた様で、
しばらくしてから、荒川を渡って少ししたところで列車内に閉じ込められている、
と返事が来ました。
とりあえず無事なのはほっとしましたが、閉じ込めとは・・・。

その後も、届くのかわからないメールで連絡を取ろうとしましたが、
こちらの受信もかなり遅れている状態。
結局、夕方6時に、やっと電車から脱出して某駅でタクシー待ち、と、
公衆電話から家電に連絡が入りました。
そこからなら、乗ってしまえば3,40分でしょうか。
道が混雑していても、2,3時間かなと見当をつけて待っていると、
夜の9時に、今○○駅あたり、結局歩いているよと、公衆電話から・・・。
えーーーー、地図で直線距離を確認したら最初の某駅からうちまで20キロくらいあります。
おまけに、途中でこっちの事務所に寄って職員の安否確認すると言ってます!
職業人として立派なのでしょうけれど、待つ身には実に辛い;;

結局、深夜1時すぎに、荷物を抱えて、革靴だったため足の裏に血豆を作り、
腰を痛めてヨロヨロになって帰宅しました;;
お疲れさま、パパ;;

あとで情報を見ると、この帰宅難民の徒歩行軍のために自転車と運動靴が飛ぶように売れたとか。
パパの(こっちの)職場にも、自転車を買って3時間こいで帰宅した人がいたそうです。
自転車を買うなど思いつかなかったのは、
学生時代終電を乗り越してこの倍くらいの距離を歩いて帰ることがままあったため、
全然平気だと思ったそうです・・・何十年前だと思っているのだ(^^;


こうして、とにもかくにも我が家は全員無事。
今日はパパのお父さんの家に様子伺いに行きました。
棚からものが落下するなどありましたが、外出中だったこともありケガもなく、
食器などの割れることもなかったので、一安心でした。


けれど、テレビの映像や情報は、時を追って悲惨さを増していきますよね;;
ネット上の流言蜚語も、こうなると聞き流すには覚悟のいるものになってきます。
もしかしてそうかも・・・それが誤った混乱の元であるのは充分承知していても、
否定する根拠も持たないので、ひょっとしたら・・・の罠にはまっていきます。
当事者になると、知ったかぶって否定して身を危険にさらす様なことはできなくなるものです。
特に家族、子供を守る身であれば。
辛いところです・・・。


とにかく、これ以上の地震も津波もいりません。
被災の皆様にはすみやかな救助と安全の確保を;;
どうかどうか、それだけを祈ります。

大地震 [日常]

地震、大丈夫でしたか?;;
どうか大丈夫であってください(>_<)

最初ゆらゆらと横揺れが来たときは、
最近多い、どこか遠くの地震の余波だと思ったのですが(結果として当たってはいました)、
少し大きかったのでNHKをつけました。
体感30秒ほどで経験したことのない大揺れ。
しかもいつ止むとも知れない長い大揺れです。
なのにテレビでは、東北で地震、としか表示されていなくて、
関東の情報がまるで出ないので、どうしたことかと思っていました。

そうこうするうちに、二階からはガチャガチャと破壊音。
これはマズいと、ガスを確認した後、倒れたら悲惨な花瓶類を台所のシンクに避難。
食器棚をおさえてみたものの、そんなことしてる場合じゃないと悟り、
脱出用にコートを着て、避難用具をひっぱり出して玄関ドアを開けて待機。

第一波はこんな感じだったでしょうか、ゆれがおさまった後、
あらためて食料やティッシュなどをカバンに詰めていると、
繰り返す大きめの揺れ。
学校にいるゆう君を心配していると、開けっぱなしの玄関から声が。
「すみませーん、すみませーん」
あら?と思って顔を出すと、なんと、いつも遊びに来る中学生の男の子が、
「大丈夫でしたか?」
と、自転車で様子を伺いに来てくれたのでした。
これは本当に、かなり混乱狼狽していた私にとって、
冷静になれるありがたい訪問でした。

ひとしきり大揺れの恐怖を話し合った後、
おさまっているとはいえ自転車の移動は気をつけなさいよ、などと、
余裕があるかのような言葉で見送った後、家に入れば、
ゆらゆらと気持ちの悪い余震。
これはやっぱり・・・学校まで行くことに。
防災訓練で引き取りに行く練習は毎年していますが、
実際、どの程度の地震で引き取りに行くものか、明確にはされていません。
今回も未経験の揺れではありましたが、街が倒壊するほどではありません。
悩んでいたのですが、徒歩5分、行き違う余地もない場所なので、行ってみることに。

学校につくと、子供たちは校庭に、通学班ごとに座っていました。
ゆう君は後ろを向いていたので、こちらに気づいたお友達に手を振って、
来ていることをアピール。
ところが!
その、いつも遊びに行き来している、ゆう君の一番よく遊んでいる同じ5年生の子が、
手を振った私に怪訝な顔を・・・明らかに「あんた誰?」という感じ。
・・・
!!!
またやっちまった、あまりに慌てたので、ほぼノーメーク・・・
ゆう君のママだって、気づいてもらえなかったのねっ!!!
・・・って、こんなところで笑い話披露してる場合じゃないんですが(^^;

そうこうするうちにも、校庭に立っていてすら、ゆらゆらゆらと、
不気味な余震が続きます。
学校も、なかなか子供たちを帰しません。
何か、市などからの指示を待っていたのでしょうかね。
3時40分近くなって、ようやく帰宅となりました。
帰路、お隣のママさんと話したら、なんと西宮で阪神大震災を体験していたそうで、
その時の揺れと変わらなかったのだそうです。
聞くところではブラウン管テレビが飛んだ、とかいう阪神の揺れとは、
さすがに違うのでは?と思ったのですが、体験した方が話すことなので、
もしかしたら近いものだったのかもしれません。

眠れないので、ちょっと書いてみました。
続きは後日。

親ばか赤面の日 [子供のこと]

さっき、電気の点検のおじさんが来ました。
法令に基づいた4年に一度の点検だそうで、
室内の配電盤も見ていってくれました。
異常なし。
それは良いのですが、
帰り際、その、50代後半か60代?の江戸っ子っぽいおじさん、
うちの玄関をしげしげと眺めて、感慨深げに、大きな声で、

『これ、お子さんの絵ですか?センスあるねえ!』

はっ!?Σ ('◇'ノ)ノ???

きゃー(^^;
前から何度か書いた気もしますが、
子供の図工作品は前衛芸術だ!」
というポリシーで、玄関入った壁にいくつか作品などを貼り付けてあり・・・

110310genkan01.jpg

こ、こんなことになっているという・・・(^^;(^^;(^^;

左上はゆう君がはじめてひとりで完成させた、子犬のジグソーパズル。
右上の写真は、小3の春、浦和レッズのエスコートキッズに当選した時の選手たちと一緒の写真。
その真ん中の小さいのが、去年家庭科で縫ってきたコースターw
ここに記事とアップの写真があります

その下の、横に長い絵に、おじさん感動してくれた様子。

110310genkan03.jpg

タイトルは「ドラゴンアパート」。
説明文は「ドラゴンの中にバナナが住んでいる」
・・・
いや、センス良いって(^^;
褒めてもらうのもどうなのか???www

流石に、玄関先にこんなの貼ってるのが恥ずかしくなって(ようやくかいw)、
いや、親ばかお恥ずかしいと応えたら、
おじさん更に、

『いやー、いいよ、これ、いいよー!センスある!すごいねえ!』

・・・電気点検だから物売りと違って、褒めても何もいいことないだろうに、
すっごい褒めてくださって・・・
嬉しいを通り越して、すっかり赤面してしまいましたwww


ちなみに一番下に立てかけてあるのは、藍染め。

110310genkan02.jpg

誰ですか?汗染みで塩の吹いた剣道着、とか言ってる人は(--)www
秋に社会科見学で県内の藍染め工場で体験してきた時の作品です。
白いハンカチをあちこち輪ゴムでしばって藍にひたすという技法。
立派な芸術作品じゃん!!!
と、親ばか大得意で飾っているものですwww
写真では色は1枚目のほうが実物に近くて、実際綺麗な藍色です。

これ、ハンカチ用の額縁(42×42cm角)何ヶ月もさんざん探していたのですが、
よく美術館のグッズコーナーで売り物のハンカチを展示している額縁は業者用特注だそうで、
一般には売られてなくて、個人で額縁屋さんに注文すると数千円から万単位かかるらしい。
うーん・・・と悩んでいたある日、ふとホームセンターの文房具売り場で、
子供の絵を飾る用の、大きな画用紙が入る額縁発見!
長方形なので上下を少し折ることになりましたが、充分すぎ♪
980円でしたw
同じような親ばかがいっぱいいるのねきっと(*'-')w


あ、1枚目右下はちょっと荷物を置いてあるだけです(^^;w
あと、一番上からペロンとのびている長いものは、
もともと飾ってある造花のブーケの葉っぱw

AKB48 [子供のこと]

ゆう君たちのクラスでは、AKB48のことを、

アホ臭いババア48人

と言うのだそうです。

・・・・・・・・・

そ、そうか、10歳、11歳の君たちから見れば、
さしものAKB48もババアに見えるのね・・・orz www
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。