So-net無料ブログ作成
検索選択

ハゲそうです、しくしく;; [子供のこと]

さて、夏休みです。
・・・って、21日からもう夏休みでしたがw

まず、通信簿は・・・
可がなくなった分、優もなくなった、と。
つまり、ど真ん中ヽ(´・`)ノ www
体育だけは、三段階評価で3でした。

夏休みになって一週間ちょっとですが、
平日はほぼ毎日学校のプールに行ってまっ黒。
・・・昔は日焼け健康の証でしたが、昨今は皮膚がんの元凶とかいうので、
日焼け止めを軽く塗って送り出しているので、ひどくは焼けませんが、
それでもやっぱり、まっ黒(^^;

あとはお友達と遊んで、習っているスイミングと英語に行って、
たまに自主勉強と、まあまあバランスはとれていた、かな。


で、今日。
今日からなんと、林間学校!
三泊四日!
・・・
3泊4日ですよ、奥さんっ(^^;
市内のほかの学校は二泊三日で学期中に行くのに、
うちの小学校は人数が多いという理由で夏休みに、しかも三泊四日。
どんなことになるのやら・・・着替えとか・・・管理できないだろう、5年男子!ヽ(´・`)ノwww

(ちなみに市内で一校だけ、四泊五日のところがあるそう。義務教育でこんな差って、いいのか?)


パンパンにふくらんだ荷物を見るにつけ、
帰り・・・ちゃんと荷造りできる・・・とは思えず・・・どうなることか(>_<)
あれこれいろいろ心配な中、喘息と、超強烈好き嫌いというか嫌い嫌いが心配で心配で・・・
食うものなくて体力なくなってぐったりすんじゃないかとか・・・
一応、先生あてに注意してもらうところに書いて提出はしましたが、
約200名の生徒に引率14名・・・ひとりひとり見てなんかもらえそうにありません(^^;

実際、引率を経験した先生によれば、食事ひとつとっても、とにかく時間通りにワーーっと食べて、
とにかく片付けてとにかく部屋に戻る、というのが一大事、
誰が何をどれだけ食べたか食べなかったなんて、かまっちゃおれない状態だそうです、さもありなん(^^;
だいじょうぶかなあ・・・orz


そんなことをずーーーっと心配していたわけですが、
いよいよ今朝、6時40分学校集合。
ここでまた、送って行きたいが、5年生なのにそれは甘やかしか?とか悩み。
ゆう君も、来なくていいとか言うし。ズーーン・・・。
が、折りよく?運悪く?ともかく雨がどしゃーっと降ってきたので、
これ幸いと、傘持って送っていくことができました♪
結局、約半数くらいのお母さん、中にちらほらお父さんが、見送りに来ていたわけですがw

約200人の子供たちと、約100人の保護者+兄弟たちが、
雨の中わやわやと校庭に集合、大荷物抱えて6台のバスに分乗するのはなかなかの大騒ぎ。
あっと言う間にゆう君見失ってしまいました、まっ青@@

どうも、すでにバスに乗っているようですが、ちっとも姿が見えない。
見せてもらった座席表では、道の反対側の窓際なはずですが、
体育館の壁ギリギリに駐車しているため、そちら側にまわってもまったく見えない!
同じくそっちの窓際に子供が座ってる他のママたちも、壁によじ昇らないと見えないわーと、
口々に叫んでいますw

別にこのまま見送っても何も変わらないと思いつつ、
こんな時、どーーーーーーーーーーーーっしても顔が見たくなる!

と、こっちの道側の窓際に時々うちに遊びに来る子を発見。
これだ!こいつだ!
この時のために毎日エアコンつけた部屋でおやつを出し続けていたのだわ!←www
その、見知った子に向かって、身振り手振りで、

「うちのこ、よんでーーー!」

と、魂の叫び!www
何か異様なプレッシャーを感じたのか、すぐ伝わったようで、
反対側に座っていたゆう君に声をかけてくれたお陰で、
立ち上がったゆう君に手をふれました^^
ほーーーーっw

何も関係ないはずなのに、何故かそれだけで少し安心してしまう・・・
親家業って、こんなにも詮無いものだとは、やってみるまで思ってもいませんでした。

こんな自分、ちょっと子離れ出来なすぎの甘やかしママではないかと、
ちょびっと反省し・・・ようとしたところ、
周囲には私よりもっとパニックなママたちがいて(^^;
「○○~!ママはすぐあとを追いかけるからね~~~っ!(涙)」
なんてことを、冗談なのですが半分は本気モードで叫んでいるママや、
「うちの子、お風呂あがっても体ふけないでびしょびしょのままボーッとしてるんです、心配;;」
とか悩んでいるママももいたりして(^^;
うむ・・・ゆう君は幼稚園の頃から年に1,2回、子供だけで合宿に行かせていたので、
少しは慣れているものの、これが親元はなれての初のお泊まりという子もいるわけで。
そういう子はさぞ心配だろうなと思ってみたり。

そんなこんなで、親たちの様々な思いを後目に、
バスは無情に出発していきました。
もう、あとはゆう君の底力にまかせるのみ、です^^
・・・とか言いながら、コピーしておいた行動予定表を見ては、
今頃こんなことしてるか、あんなことしてるかと、ぶつぶつ確認しているわたし・・・(*'-')w



さて、気づいた人もいると思います。
そう、我が家は、パパが単身赴任中!
て・ことは!
わたくし、約20年ぶりの、ひとり暮らし・・・
くわわっっ!!

あれもしたいここも行きたい、そこもどうしたい!!!

いっろんな願望が渦巻いたのですが・・・
ゆう君に何かあったら、パパ遠いので私ひとりで迎えに行かないといけません。
とても、家長くあける気になれず・・・
また、自分が好きなことしてる間に何かあったらとか思うと・・・
それもこれもどれもとてもする気になれずorz
たぶん、4日間、ひたすら心配してもんもんと過ごすに違いなくorz
ハゲそう・・・orzorzorz www


ゆう君のいない家はシーンとしてとても寂しく。
ソファーカバーがずれないのと、片付けたテーブルの上が綺麗なままなのとだけは、
大変心地良いのですがw、ものすごく空しい感じ。
子供っていうのは、いるとうるさい、いないと心配で寂しい、
実に厄介な存在で・・・この心配だけは、たぶん私が親である限り続くのだろうと思うと、
ほんとに、親家業って生涯苦しく因果なものだなと思います。
なる前は全然思いもしなかった・・・
でも、知ってたら親家業なんかやめてたかというと、それはまた別問題で。


お花と夏のこと少し [お花のこと]

ふいー・・・毎日暑いです。
もう、人生投げ出したくなる暑さです、めそめそ;;

そんな中、7月2週の宅配のお花は、
オリエンタルリリー、3本^^

100708hana01.jpg

写真は届いてすぐ、水切りしただけの状態です。
つぼみが次々咲くととてもこの花瓶ではたりなくて、
あちこちに分けて挿しました^^

香が強いので好きでない人もいるかもですが、
私は、ゆりの香り、大好きで、
お花が咲いている間ずっと、幸せに包まれていました^^


7月4週、こないだの木曜に届いたのが、これ。そのままどーん。

100708hana02.jpg

トルコキキョウ 2
スプレーカーネーション たくさんw
ヒペリカム 2

これだけ暑くても、こんなわさっとしたお花を見れば、
その一瞬は思わず笑顔(^▽^)

とくにヒペリカム!w
添え物にちょっと使ったりして可愛い実ものですが、
こここここんな大量に買うことなーいwww
なんだか嬉しくて、ヒペリカムだけの花瓶作ってみましたが・・・
や、やっぱり、単独だと単調で、可愛さも半減(^^;
トルコをあわせて落ち着きましたw


はあ・・・で、お花、分けて挿し終わったとたんに、
またゲンナリ・・・もう、暑いのいやなんだよう;;とほほー。


しかし、ちょっと前までは(20年くらいねwww)、
関東地方、夏の異常渇水が大問題で、
梅雨に雨降らないせいで夏、水不足で大変でしたよね。
水圧下げられてチョロチョロしか出なかったり、
最悪時間決めて断水になったり(>_<)
あの頃はまだ、最高気温が30度越えると、おおー!ってみんなびっくりするくらいの、
35度とか36度なんてひと夏に1回とか2回くらいじゃなかったかと記憶してますが、
だから気温的にはまだよかったものの、
夏に水が存分に使えない、というだけで、げんなりと気落ちしていたものです。

さて、最高気温平気で35度を越える日々だが水は使っても良心の呵責がないのと、
水は使えないが最高気温30度前後の夏と、
どっちが楽だべなあ・・・?

なんて不毛な比較で時間を使ってしまうほど!
夏は脳みそが味噌汁になります;;

褒めるということ [子供のこと]

夏休み二日目、ピンポーンとお友達が、小1の弟君を連れて遊びにきたのは、
ちょうど12時。
・・・
もう、これについては、何も言いません。
遊びに行くなら先方の昼飯時は避けるもの、
という私のごく最低Lvの常識は、
この数年、近所の子全員がそんなこと気にしないで襲来するため、
もはや心の奥にそっとしまっておくだけのものとなってしまいました。

でも、ゆう君がご飯食べてる時だったので、玄関の中で待っていてもらいました。
季節のよい時なら、食べ終わってから来てと、10分か15分くらい外で待たせますが、
この猛暑でそれはあまりにかわいそうなので。

で、まあ、食べ終わったゆう君が、二人をつれて二階へ上がったので、
洗い物しようと見ると、ラーメンがちょっと残っている。
(ラーメンとシャケおにぎりだったw)
仕方ないなーと、キッチンでそのまま、ズルズルと残りを立ち食い。
ふう。
もう私のお昼はこれでいいや・・・

なんて思って振り返ると!!!

キッチンのすぐ後ろのドアのところに、
小1君がひっそり立って、じっとこっちを見ているではありませんか!
まさに「家政婦は見た!」の世界!!!

うぎゃー!
たっ、立ち食い見られた?!
超お行儀悪いとこ、みみみ見られたっ!?@@
やっばーーーっ(>_<) あたふた。

と、とにかく体裁を繕い、
「どうしたの?二階、上がっていいわよ(ニコニコ)」
と満面の笑みで話しかけると、
ドアにはりつくようにモジモジしながら、何かつぶやいています。
ん?何だ?聞こえないじょ?(^^;
どうした?なになに?と近づきながら、3回めくらいに、やっと聞き取れました。

「くつ、そろえたの」

おっ、おおーーー!www



実はこの小1君、お兄ちゃんと一緒にしょっちゅう来るのですが、
いつも、玄関を入ると、ちゃんと靴をそろえるのです、お兄ちゃんの靴も一緒にw
なので、毎回「えらいねー^^」と一声かけていたのです。
ところが、今日は私はキッチンで・・・立ち食いしててwwwww
せっかくそろえたのに気づかないwww
それで、一生懸命、知らせてくれたのですね^^

思わず、いつもよりおおげさに、
あらー!ありがとーーー^^ 君はいつも本当にえらいね!
と、最大級の褒め褒めをすると、
満足げに二階へ上がっていきました。


つい最近も、新聞の投書欄で、
子供は赤の他人に褒めてもらうと本当に嬉しくて、
その仕事をきっちりするようになる、という趣旨のものを読んだところです。
私が毎回褒めるのは、ごく当たり前で何気ないことだったのですが、
小1君にとっては、もしかしたら大きな満足感?のあることだったのかもしれませんね。




ちなみに玄関を見に行くと、
靴が・・・いつもはちゃんと、はきやすい方向にそろえているのに、
今日はつま先が手前の、つまり逆向きにそろってる!
それも、ゆう君や私の靴までっwww
あーもしかして、一旦ちゃんとそろえたあと、
なかなか私が顔出さないので、時間稼ぎ?に逆向きに並べてたのかなあ・・・。
たっ、立ち食いなんかしてて、ごめんねっwww

2010-07-21 [日常]

前置きがちょとややこしい。
とある同人雑誌(漫画とかではない。某大学系の伝記研究者さんの集まりの創刊50年にもなる雑誌)の、
6年も前の号が入手したくて、発行元の出版社に問い合わせたら、
在庫は同人さんが全て管理しているとのこと。
それで、見ず知らずのおじ(い)様に電話し、お願いしてみる。
(おそらく喜寿くらいの方)

すると、編集用に一冊手元にあるきりなので、
他の同人に連絡をとって、譲れるものを探してあげよう、と。
ぬ、ぬおお、そんなお手数おかけしていいのか(^^;

すると翌日、一冊見つかったので送ると言ってくださった。
しかも定価800円+送料が必要なはずなのに、無料で送ってくださると。
ぐ、そそそそんな申し訳ない~(>_<)

届いた雑誌は状態も非常によいもので、
会費も払っていない部外者が無料で頂戴してしまうには心苦しい立派なもの。
しかもどこの馬の骨とも知れない者のために、
暑い中、発送のお手間までとらせてしまった・・・。

てことで、涼しげなお菓子でもお送りしよう、と思い立ったのでありました。


以上、前置きw

問題は、宅配・ゆうパックともに、法律上、信書を同封できない。
お礼状と同時に届けたいのに・・・。
定型外で送れば手紙は入れられるし、実は大きさによっては郵送料も安いのだけれど、
ポストに入らなかったり、詰め込まれて新聞がはみ出たとかだとご迷惑になる。
うーむ・・・やっぱ、ゆうパック使うかな。

が、同時に送るとゆうパックは翌朝確実に届くけれど、書状のほうは翌日「予定」で時間もわからない。
てことで、お礼状は普通に送り、ゆうパックは翌々日指定をかけて送ってみました。
うーむ・・・お礼状のが先に届くといいのだけれど・・・。

窓口で、到着予定をそれぞれ検索してもらったりしたので、
ついでに念のため、確認してみました、最近はあんまり利用してないので変わったかもだから。
ここからが、本題w

私「あのー、信書って、宅急便やゆうパックには、今でも入れたらいけないんですよねー?」

すると、窓口のお兄さん、超バツの悪そうな顔で、耳に手をあて、
「あー、聞いてません、聞いてないですよ、でも、法律では今も禁止です」
ですってwww
民営化以後規制もゆるくなったものの、今も禁じられてはいるようで。
でも、ゆうパックにお手紙入れてつかまった人は・・・いないのでは?いるのか?(^^;
意図をくんで深く解釈しないでおこうw

で、ここからが、本題中の目玉!?w
更に続けて「エクスパック」をすすめてきた!
エクスパックなら信書同封OKなのだそうです、これは知らなかった!
でも、つい、
私「えー、エクスパックて、詐欺に利用されてイメージ悪いからちょっと・・・」
いやいや、友達とかならともかく、上のようなお礼のために使うときは、
特に高齢者が狙われたエクスパック詐欺を想起させるものはちょっと避けたいな、と思うんですもの。

そしたら、一応、危ないと思った人には確認とったり、
郵便局も努力してるんですよぉ~と泣かれてしまいましたw

そんなことがあって、帰宅、エクスパック、
日本郵便のサイトを調べてみたら・・・

エクスパック ※現金・信書は送れません(無封の添え状・送り状は同封できます)。

をいをいをい!

しかも続けて、

平成22年3月31日(水)をもってエクスパック封筒の販売を終了いたしました(中略)
平成22年4月1日(木)からは、レターパックを販売しております

を~い!(^^;

つまり、エクスパックは信書不可だった上に、もうなくなっていると?(^^;
現行のレターパックは信書も送れるので、あながちまったく誤ってはいませんが・・・。
(注・レターパックでも現金は送れません)


が、がんばれ、日本郵便?
それとも、郵便局???

ていうか、どっちもサイト内がわかりにくいぞぉ~(^^;w
どんなサービスがあるか知ってて、自分がどれを利用したいかわかってる人にはいいけれど、
さて、これは、どうやって送るんだろう?て思って調べる人には不親切じゃっ。

トンボたん [日常]

長く雨と蒸し蒸しが続いていた今年の梅雨ですが、
明けたとたんに、夏!
い、いや(^^;梅雨が明ければ夏なのは当たり前ですが(^^;
あまりにも夏らしい夏に突然切り替わったので、
ちょっとびっくりですw

すかっと青空、まっ白な雲、
キリキリと暑いけれど風は爽やか。
昨日まではちっとも聞こえなかった蝉の声も早速シーシーと聞こえ、
突然トンボまで庭に遊びにきました!


100718fry.jpg

鉢の沈丁花ちゃんに止まるとんぼたん。
・・・
ぴんぼけすみません(^^;
もうちょっとぴんとあわないかとうろうろしてるうちに、
どこかへ飛んでってしまいました(^^;


知り合いにちょっと(かなり?)変わったおじさんがいて、
蝶ちょの収集・研究で人後に落ちなかったのですが、
だいぶ飽きて10年かもう少し前からトンボに鞍替えしました。

それで年に2回、お中元お歳暮を贈ったときだけ、お礼の電話を頂くので話すのですが、
トンボたんは、池トンボと流水(川)トンボの二種類に大別でき、
池トンボはしおからとかあきあかねとか、色が様々になるが、
流水トンボは、どの種類もオニヤンマのように黄色と黒のシマシマになる、
のだそうです。
ほお?

そして蝶ちょは、同じ種類でも生息地によって色や模様が少しずつ変化してくるけれど、
(実際、日本各地のミヤマカラスアゲハの、
大きさや青い模様の変化する標本をずらっと見せてもらったことがあります)
トンボは世界どこでも、たとえばシオカラトンボなら日本とインドでもまったく同じなのだそう。
へえ~。

これらは学者さんも指摘していないことらしいので、
そう言う人もいる、という程度の話ですが、
昨日の「便」に引き続きw 知らないことを垣間見るのは、
やっぱりちょっと、わくわく楽しいです^^


ちなみにこのおじさま、
蝶ちょ、トンボ、落語、近代日本文学クラシック音楽石原裕次郎競馬
に造詣が深いどころか、全て専門誌に寄稿可能な知識を持ってらっしゃいます。
幅広さがすげーw

漢字の問題から謎が沸いた日 [子供のこと]

夏休みを目前にして、ゆう君が1学期のテストを続々と持ち帰ります。
・・・あちゃ~っ(>_<)
ちょーっと困った状態。
うーむ。

で、ずーっとサボりがちだった通信添削のお勉強を、
夏休みにかけて勢いつけてやらせようと、今朝からハッパかけてみました。

と、国語の問題に、こんなのが。


Q・「ホトトギスが山から運んできたたより」の「たより」を漢字に直しなさい。


ぐほっ。
ええと、ただでさえ、普段「たより」という表現は使いません。
そもそも手紙そのものを書かないですし(パパへ新聞とパパへの葉書くらいw)、
学校からのお便りなんかは、今はすべて「お手紙」ですし。
そこへもってきて人がよこした便りではなく、ホトトギス!
こりゃ難問だ(^^;


それで、とりあえず、「たより」がお手紙という様な意味であると教えてから、
「便」の字を思い出させようと、
ほらほら、お手紙を書くものはなーに?(便箋)と言ったら、

「紙」

うわちゃ(>_<)パパに手紙書かせるとき、絵も自由にと思ってコピー用紙に書かせてたんだ(>_<)w

じゃ、じゃあ、お手紙出しに行くところは、どーこだ?(郵便局)と聞いたら、

「ポスト」

・・・う、うん、そ、そうだねっ(^^;


ここに来て断念、答えを見せたところ、目を輝かせて、

「うぉぉぉぉお! 便座のベンだ!」

・・・がっくし_| ̄|○
い、いやっ、その通りだけど(^^;
なんで郵便局とか便箋思い出さないで、便座なのーーーっ(^^;www



まあ、そんなことがあったわけですが(ここまで前フリw)

あれ?と気になりました。
なんで、お便りとか便利とかの「便」と、
大小の排泄物の「便」が、同じ漢字なんだろう???
何かつながりがあるのかな?

と、家にあった小さな漢和辞典を見てみましたが、
やはり字源までは載っておらず。
大漢和くらい見に行かないとダメかなあ・・・。

それでもつらつら眺めていると、
「便」には「くつろぐ」という意味もあり、
「便座」は、くつろぐ座、の意味なのだそうです、びっくり。
てっきり便器についてる座わる部分、または便をするときに座る部分、
だと思っていたのでwほほーっと思ってしまいましたw


ネットで調べると、漢字好きの方のサイトなどで解説も出てきます、
便利、郵便、大小の便等が同じこの字を使うわけもなるほどというものがありました。
興味のある方は調べてみてください^^
大勢に影響皆無なちっちゃなことですが、とっても面白いですw


てことで、これ(便座の正体だけでなく調べると面白いよ!ということそのもの)を、
ゆう君にも伝えようと思ったのに、
とっくにお友達が遊びにきてゲームモードになってしまいましたヽ(´・`)ノwww

親ばかです(^▽^)ノ [子供のこと]

きゃ~、昨日ゆう君が学校で作ったと言って、こんなものを♪♪♪

100715sakuhin01.jpg

手縫いのコースター!(;▽;)ノ
母は嬉しい(;▽;)、こんなものが作れるようになったなんてぇぇぇ(>▽<)ノノノ

エ?手縫い、見えません?
四角い布の周囲にかすかに見える並縫いっていうか、しつけ縫いみたいな・・・w
真ん中の縦線も、マジックで描いたんじゃないんです、二色の本返し縫いなんです!!!
わたくしの宝物です^^



更に1学期に作ったこれも持ち帰りました。

100715sakuhin02.jpg
100715sakuhin03.jpg

金属の針金やアルミホイルとモールを組み合わせて立体的なものを作ろうー!
という図工の授業だったようですが、廊下に展示されている中では、
際立って立体的で主題も明快でした!!! (モード・親ばかw)



缶ケリ考 [子供のこと]

昨日のゆう君たちは、最初公園で遊んでいたのに、雨が降ってきたので、全員で我が家へ。
・・・10人・・・ま、まあいいけどね(^^;w

で、しばらくゲームで遊んでいたら、雨もあがってきたので、また外へ。
今度は時間も遅かったので、公園まで行かずに、家のまわりで遊んでいたようです。


帰ってきてから、何して遊んでいたの?と聞いてみたら、

「ポコペン」

おー^^ ポコペン!
懐かしい~^^私も小学校高学年の頃やってました!
今の子たちも同じ遊びするのねえ^^
ポコペンかあ~^^
・・・って、
ン!?◎◎ ポコペン!?
缶ケリやんかーーーっ?!◎◎!?


それで慌てて、缶はどうしたの?と聞いてみたら、

「缶なんてないから、自転車置き場の金具でやったよ」

・・・


うーん・・・何だか考えてしまいました・・・
缶・・・昔は家のまわりでも路地でもどこでも、
ちょっと探せばいくらでも落ちてましたよね・・・
しかも缶ケリに使うのは、ジュースの空き缶とかでなく、
パインやらミカンやらのいわゆる缶詰系の缶のほうが、大きさ的に具合よかった。
それを拾って使うのが、缶ケリ。
遊び終わればまたそのへんに転がしておく。ぉw

でも、今は、衛生観念や公共意識の向上で、
住宅街とかには、あまり落ちてないのが普通では・・・。

良いことです。
ゴミをぽい捨てせず、自分ちのゴミはちゃんと自分ちで分別して始末する。
それはどこもかしこも良いことで、突っ込む隙などありゃしません。
100パーセント素晴らしい変化です。

でも、あれ~・・・なんだか釈然としないのは何故でしょう。
見つけた缶が嬉しくて始めるのが、缶ケリ。
たとえば誰かのお家にお願いして、分別ゴミから缶を出してもらって、
それでやる、なんて、子供の遊びではありません、それじゃ競技ですがな。

いやでもやっぱり、街中に平気で空き缶が落ちているなんて、許せません。
だから缶ケリを、缶を使わずにやるようになっても、それは時代の変化。
子供たちも時代にあわせて工夫しながら遊ぶわけですから、おっけーです。
・・・と頭では思いながらも、
どことなくもの哀しくなる気持ちを、どうしても抑えられません。


自由に遊べる野山も、空き地も、路地すら奪われた今の子供たちには、
缶ケリの缶すら、ないのが現状です。
ただ、ゲームばかりするな、外で遊べと、
昔自分たちは外でいくらでも工夫して楽しく遊んだ、ゲームは健全な発育を阻害すると、
そんな正論をふりかざすだけでは、
どうしようもない変化に覆い尽くされて逼塞しているのです。
・・・
それとも、そんなのは、ただの昭和への郷愁でしょうか。
逼塞していると感じるのは、昔を知っている私だけでしょうか。
そうかもしれません。


ちなみにゆう君たちが缶のかわりに使った「自転車置き場の金具」とは、
ちょうど道の角にあるうちの自転車置き場の、屋根を支える金属の柱のこと。
缶を踏まずに、鬼はこの柱をつかんで、みつけると柱を叩くのだそうです。

柱と横の道の写真をのっけてみました。
こんなところで高学年男子が10人も遊べば、
苦情もくるはずです(>_<) 悩。

100714roji.jpg

かけこみ [日常]

ふと気づくと、ゆう君の給食は15日まで。
・・・
・・・


つまり、私の自由時間は今週の木曜までということです!

というわけで、恐怖の夏休みに入る前にと、
かけこみ展覧会w
ちょうど7月から行きたいのがいくつか始まった、ということもありますけれど。

先週、

三井記念美術館の「奈良の古寺と仏像-会津八一のうたにのせて」
東博の「誕生!中国文明」

に行き、今日は、

根津美術館の「いのりのかたち 八十一尊曼荼羅と仏教美術の名品」

に行ってきました。
ぽつぽつとたまゆら記に感想書いていきますので
興味のある方はどうぞ^^


そんなわけで、昼間留守にしていることが多く、
このところ、かなさんと一緒のFF11(オンラインゲーム)にちっとも入れません。
ふう。


よく、友達からは、
「お子さんも手がかからなくなって、家にずっといるって、暇じゃない?」
と聞かれます。
そのたびに、
「いや!全然っ!暇どころか、時間足りないっ!!1日36時間欲しいっ!!!」
と力入れて答えています。
だって、展覧会行ったり、その感想をブログに書いたり、オンラインゲームしたり・・・
家事の合間にやってるのですから、とても時間が足りませんがな!

・・・てなことを説明すると、

「展覧会、ネット、ゲーム・・・

そういうのを暇って言うのよっ!!!

と、怒涛の如く怒られます(^^;
は、ハイ、ごもっとも(^^;失礼しましたっ(^^;www


でも、私の中では、暇だからやっていることは、ひとつもないんですよねえ・・・。
やりたいことだから、時間をひねり出して睡眠時間削ってでも、やっている。
もちろん、仕事や育児といった正規の?労働に使わなければならない時間が少ないまたは減った、
という意味での「暇」がなければ、どれもできないことですけれど。
でも、もてあますような「暇」をつぶすためにやっていることでは、ない。


と、まあ、ごにょごにょ弁解しても仕方ありませんw
人にはそれぞれ、求める生きかたが、あるのです!w



てことで、先週凹んだのにまた似たようなことを・・・

100713nezu.jpg

根津美術館のお庭にあるNEZUCAFÉで。
窓際のカウンターだったので、小雨にけぶるお庭の緑がとても鮮やかでした。
ちなみにメニューは、

キッシュ&スモークサーモンのサラダ+コーヒー

キッシュプレートが1000円、コーヒーは600円ですが、ランチとセットで頼むと300円に。
なので合計1300円。

先週1500円のランチで内心忸怩たる思いで足取り重く出てきたわけですが、
きょ、今日は違う!w

ここはミートパイ&サラダが650円ほどで、コーヒーつけても1000円でおさまるので、
ここで食べるぞっ!!という心構えで(おおげさwww)来たのです。
それが入ってみたら、新メニューで大好きなキッシュ!大好きなスモークサーモン!が出ていたので、
ちょ、ちょっと予定よりお高いけれど、もう夏休み前にはどこも行けないだろうし、
いいよね!(誰に聞いてるかw)と^^^^^^
それに、600円のコーヒーがランチにつけると300円、ていうのは、
せこい庶民にはなんともお得な気分になれちゃう優れたサービスなんですよね~!
まあ、店の策略に見事にひっかかってる、とも言いますがっwww


本当は、一日使ってぼーっとしていたいくらい、ここのお庭は本当に素敵なのです。
池まで下りて、小雨の静かな風情を少し楽しんでから、後ろ髪をひかれる思いで帰ってきました。
夏休み・・・ナントカナラナイモノカwww

水抜き開始! [プランター稲]

ひさしぶりにプランター稲子の報告です。

ネットで見ていると、どうやら「水抜き」というのをするらしい。
潤沢にあった水を一度抜くことで、根っこが水を求めてぐんぐん伸び、
結果、元気な稲になるのだとか。

その時期ですが、田植えして10日とか、1ヶ月とか、
あるいは稲の高さが30センチ、40センチになった頃とか、
7月のはじめ頃とか・・・
なんだかサイトによっていろいろ書いてあってよくわからない(>_<)
・・・が、まあ、今頃だろう←テキトーwww


植える時に水をふさぐので大騒動したのだからして、
顛末はこちらw
水を抜くのは、横の排水穴のセンをポンと抜いてジャーで簡単なはず♪

・・・となるわけもなく(--)
セン抜いても既にみっちり詰まった土のせいで、水、1滴も抜けませんがなヽ(´・`)ノ
もー(^^;そんなことじゃないかとは思っていましたが、
本当にソンナコトとは・・・www


仕方ないので、プランターをよっこらしょと傾けて一生懸命水流しました。
普通ならちょっと重いけど簡単なのですが・・・10年以上庭でころがっていたプランターなので、
れ・・・劣化してるっwww
バキッと割れてしまいそうなのをだましだまし持ち上げての水抜きでした(^^;w


100711ineko.jpg

今はこんな感じです。
一番背がのびてるのは、35cmくらいです^^
こんなヘボヘボ栽培だけれど、がんばって育ってね!
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。